ハダピカ

石けんいらずのボディタオル ハダピカ

石けんいらずのボディタオル ハダピカ

綿の生地に染み込ませたゴムのチカラを利用して水だけで汚れを落とす、お肌にやさしいピーリングタオルです。
石けんやボディソープを使うとお肌がカサカサになるような乾燥肌の方でも、お肌がすべすべになるのでおすすめです。

ハダピカ 3色

おすすめポイント

お肌つるつる健康素肌

ハダピカをお湯や水で濡らしてお肌をやさしくなでるだけで、お肌の潤いに必要な皮脂は残しつつ、余分な皮脂や古くなった角質・毛穴の汚れなどをやさしく落とします。
石けんやボディソープを使うとお肌がカサカサになって痒みが出てしまうような方でも、お肌がしっとりすべすべになると大変ご好評いただいております。
もちろん石けんやボディソープと併用してお使いいただくことも可能です。

洗い心地さっぱり

ピーリングタオルなのに低刺激で、さっぱりとした洗い心地がやみつきになるとたくさんのお声をいただいております。
綿のタオルよりもしっかり洗えて、ナイロンタオルやあかすりタオルよりもやさしく洗える。
女性の方にはもちろん、男性の方にもおすすめです。

自宅で時短お手軽ケア

これ1本でお手軽にお肌のケアができます。
肌メンテナンスに時間をかけれない方や、自宅で気軽にキレイになりたい方に大変おすすめです。

ハダピカ

商品の特徴

エポクリン加工

素材にゴムを染み込ませる特殊な加工により、ゴムの摩擦力と吸油性を利用して水だけで汚れを落とせるようになります。
研磨材や薬剤、洗剤等は一切使用していないため、拭いても傷つけることがありません。
エポクリンの原理
エポクリン加工について詳しくはコチラ

コットン100%の泉州タオル

日本3大タオルの1つである泉州のタオルを使用しております。
化学繊維不使用の綿100%なので、肌触りもなめらか。
カラーはピンク、ブルー、イエローの3色です。

ハダピカ 生地
ハダピカ 3色

日本製へのこだわり

自然豊かな兵庫県は加古郡の自社工場で、1枚1枚丁寧に手作業で加工しています。
加工した後は天日干しで、しっかりと乾燥させています。

工場
ハダピカ ピンク 天日干し

こんなところにも

肘、膝、かかと、くるぶし、デコルテ、顔、小鼻
足裏、二の腕、太もも、背中、おしり、首、耳、など

こんな方やシーンにおすすめ

  • 石けんやボディソープなどでお肌がカサカサになりやすい方
  • かさつきが気になったり、お肌が乾燥しやすい方
  • 忙しい朝のシャワータイムに
  • 子育てなどで忙しくてご自分のケアに時間がかけられない方
  • キャンプなどのアウトドアで
  • 温泉や銭湯など、出先でお風呂に入るとき
  • 旅行や出張などの宿泊でお風呂に入るとき
  • 夏場やスポーツなどで汗をかいてさっぱりしたいとき
  • 病気や怪我などによってお風呂に入れないとき
  • 介護や医療で体を洗ってあげる清拭タオルとして
  • 災害などでお風呂に入れない時

ハダピカイゴとの違い

ハダピカとハダピカイゴはどちらも綿100%のタオルにエポクリン加工がされているので、同様の汚れ落とし効果があり、介護用タオルのハダピカイゴを個人用としてお使いいただくことももちろん可能です。
主に違う点は「硬さ」「生地の織り方」「サイズと重量」による使用感になります。

■ハダピカ
約28cm×85cm 約83g (両面パイル) 硬め 幅広

■ハダピカイゴ ロング
約25cm×85cm 約69g (表パイル、裏平織り) 柔らかめ

■ハダピカイゴ ミニ
約25cm×40cm 約32g (表パイル、裏平織り) 柔らかめ

※重量は乾燥状態のものなので、水を含むと重量の差がより大きくなります。

パイル生地に比べると平織りの方が突起物が少ないので、ハダピカイゴの方が肌当たりが柔らかく、軽くて扱いやすくなっています。
しっかりと洗いたい方はハダピカ。
軽くて柔らかいタオルがお好みの方はハダピカイゴがおすすめです。

はじめてお使いになる前に

袋から出したら「硬い!」と驚かれるかもしれません。
でも大丈夫。
はじめてお使いになられる前には、ぬるま湯に10分ほど浸してからよく揉みほぐしてください。
あとは普通のボディタオルと同じ感覚でお使いいただけます。
使い始めは少々硬く感じるかもしれませんが、数回のご使用で徐々にしなやかになっていきます。

ハダピカ ほぐし

ご使用方法

ご使用前に、水またはぬるま湯に浸して軽く揉みほぐしてください。
やわらかくなったら、使いやすい大きさにたたんで、全身をやさしくなで洗いしてください。
お湯だけでも汚れは落ちますが、もちろん石けんやボディソープとの併用も可能です。
乾燥が気になる方は、お風呂上がりにボディクリームなどで保湿してください。
使用後は洗ってよく乾かしてください。
汚れたときは、石けんで手洗いしてください。

ハダピカ 濡らし

使い方のコツ

  • 体を洗う前に湯船にゆっくり浸かって温まると、古くなった角質が落としやすくなります。
  • 石けんなどを使用した場合、泡を流した後にひと拭きすると石鹸カスが落ちてキレイになります。
  • カサカサが気になるひじ・ひざ・かかと・くるぶしなどの部分は、石けんを使わずにタオルをかたく絞ってU字に折り曲げてやさしくなでてください。
  • 洗いにくい耳の中も、ハダピカを使えばスッキリ気持ちよく洗えます。石けんを使わないから泡が耳の中に残ることもありません。
  • ワイシャツなどの襟首の汚れが気になる方は、首の汚れを念入りに落とすことで衣類の汚れが軽減されます。
ハダピカ ねじり1
ハダピカ ねじり2
ハダピカ ねじり3
ハダピカ かかと

ご使用上の注意

  • 必ず水かお湯に濡らした状態でご使用ください。
  • 力を入れ過ぎたり、こすりすぎにはご注意ください。
  • キズや湿疹のある部位にはお使いにならないでください。
  • お肌に異常を感じたときは、すぐにご使用をおやめください。
  • 洗濯機、乾燥機、塩素系漂白剤のご使用はゴム加工が取れやすくなるためお控えください。
  • お湯につける際に原料臭(ゴムラテックス由来)がしますが、使用するうちに少しずつ薄れていきます。

お取替えの目安

生地にコシがなくなってきたらお取替えの目安です。
使い古してやわらかくなった生地は、雑巾などにお使いいただけます。

タイトルとURLをコピーしました